タックル・アイテム

シーバスタックルの基礎知識
シーバスを釣るためにはどういう道具(タックル)が必要なのか?竿(ロッド)はどんなものが良いのか?リールはどんなものが良いのか?など、

竿・ロッド

竿は腕の延長と呼ばれシーバスフィッシングにおいても非常に重要なタックル。長さはどの長さが良いのか?素材はどういう素材がいいのか?など気をつけるポイントがいくつかある。高いロッドがおすすめだが折れる可能性も高いアイテムであるため最初のうちはあまり高すぎないエントリーモデルから使ってみてもいいだろう。

リール

リールもロッドと同様に重要なアイテムであるがシーバス用リールは大きさ頑丈さ巻き心地を基準に選ぶと良いだろう。忘れがちなポイントとしてロッドとのバランスというのがあるがロッドが11フィートと長いのにリールが2500番クラスと小さめの場合、タックル重量は軽いのに逆に重く感じて感度も悪くなることがある。

ライン

シーバスフィッシング用のラインは現在ほぼPEラインになっているが初心者はナイロンラインが使いやすい。PEラインはラインが細すぎて高切れしやすかったりやり取りで切れやすいというデメリットもあるからだ。リーダーの結び方も初心者には難しく練習が必要というのも理由の一つ。まずは12ポンド(3号)程度のナイロンラインからはじめてみることをおすすめする。

タモ網

港湾など足場が若干高い場所などが多くタモ網は必須アイテムである。軽いこと枠が60センチ以上というのが使いやすいタモ網のポイント。これに関してはロッドやリールほど重要度は高いわけではないので安いものではじめてもオッケー。

フィッシュグリップ

シーバスをつかむときに使うフィッシュグリップも必須に近いアイテムだと感じる。バス持ちしてもいいがバスよりも暴れっぷりが凄いのでとにかくボロボロにやりやすい。血が出ることになりやすいため取りあえず安いものでも良いので買っておくのをおすすめしたい。

ヘッドライト

シーバスはデイゲームでも釣れることがわかってきて専門でやる人も増えているが、プレッシャーの低い基本的にナイトゲームのほうが釣りやすいと感じる。ナイトゲームでは必須なのがライト。パワーが強力なものから手元だけを照らすタイプのものなど色々あるが安いものでもある程度使える。

プライヤー

シーバスはかなりパワーの強い魚で暴れることが多く、口も固くてフックが外しにくい。プライヤーは頑丈で大きめのタイプをおすすめしたい。100均のペンチでも最悪使えることは使えるが海で使うと一発で錆びまくってしまうのでステンレス製かアルミ製をおすすめしたい。

ライフジャケット

ポケットが多くて収納力を考えた時、発泡素材の入ったベストタイプのライフジャケットがとても使える。海に落ちたりした時でもライフジャケットがあれば助かる確率は非常に高い。暑い時とか動きづらい時などは腰巻タイプなどでも問題ないので身につけておく。

おすすめ記事

1

シーバス釣りというのは日本全国の沿岸に住んでいるスズキという魚で呼び方は大きさによって違う出世魚であり、セイゴ・フッコ(ハネ)・スズキとなる。 そんなシーバスを釣りたいけど初心者で何もわからないという ...

2

ルアーで狙うシーバスフィッシングはこの絵のようなタックル。ロッド、リール、ラインなどを選ぶ上で重要なのは自分の目的にあったタックルを選ぶこと。 港湾部でシーバスを狙うのと、サーフや大河川の河口などでや ...

3

シーズナルパターン シーバスやその他の魚は春夏秋冬の季節に応じて生活しておりシーバスを釣るためにはこのことを考慮しなくてはならない。 春シーバス 夏シーバス 秋シーバス 冬シーバス 春 Sp ...

更新日:

Copyright© シーバスのルアー釣り[feat.釣活] , 2020 AllRights Reserved.