レバーブレーキリールのメリット/デメリット

シマノ(SHIMANO) 13エクスセンスLB C3000HGMの画像
数年前からプロシーバスアングラーが使用しているレバーブレーキ付きのスピニングリール。

実際レバーブレーキというのはどんなものなのか?何年か使ってみて感じたメリット/デメリットについてまとめてみる。

スポンサーリンク

レバーブレーキリールって何?

レバーブレーキリールというのはスピニングリールにレバーが付いたリールで、このレバーを引いたり離したりすることでハンドルのアンチリバース(逆回転防止装置)をオンにしたりオフにしたりする事ができる。

通常ラインを出す場合はドラグを緩めたりするがレバーブレーキつきリールの場合はドラグに頼らずレバーでラインを出す。昔はレバーブレーキリールにはドラグが搭載されていないものが多かったが最近はドラグも搭載されている物が多い。

なぜレバーブレーキリールが生まれたのか?

レバーブレーキリールが生まれた理由は魚が走るのを止めるため。磯でグレやチヌを釣る時にドラグでラインを出すと即座に根に潜られる。
細い糸でシビアなやり取りをする場合など走られるとほとんどキャッチできなくなる。レバーブレーキリールの場合走った瞬間にラインを出してフリーにすることにより魚が止まる。

綱引きをしている時に急に引く力が無くなった場合どうすればいいのかわからなくなるのと同じで急に抵抗がなくなると戸惑って一瞬動きが止まるのである。その瞬間に根から引き剥がす事ができるため磯釣りでは利用者が多い。

バスフィッシングでもレバーブレーキではないが一部のプロ(村上晴彦氏・三原直之氏など)はアンチリバースをオフにしてローターを抑えながらオン・オフを切り替えるテクニックを使用しているなどルアー分野でもこのテクニックを使う人が増えてきている。

レバーブレーキリールの使い方

レバーブレーキリール
使い方は通常はブレーキオンにしておいてフッキングまでは普通のスピニングリールのように使い、魚をフッキングさせてからレバーを引いてハンドルの逆回転を指で操作する。
遠くで掛けた場合はあまり早めにはレバーを使わずある程度寄せてからレバーを使うのがセオリー。

レバーの使い方としてはパパパパッと押したり離したりを連続してオンとオフを切り替える。押さえっぱなし、離しっぱなしではレバーブレーキの能力を使い切れずあまり使う意味がない。

レバーブレーキリールのメリット

まず上に書いた魚が止まる以外のメリットを紹介していこう。

足元でのやり取りに強くバラシが減る

シーバスは足元でバレやすい。何故か?一気に突っ込んだり水面で首を振ったりするからである。このシーバスの最後の抵抗を防ぐ上でレバーブレーキリールは非常に大きな役割をしてくれると言うのがひとつ目のメリット。

足元でシーバスが暴れた場合バレる理由はタメが効かないから。一気に突っ込まれてロッドがのされるとタメが全く効かずに一瞬でラインが切れてしまったり、掛かりどころが悪ければ身切れして外れてしまう。
そんな時にレバーを離してラインをフリーにして魚を泳がせある程度の距離を保ってやり取りして弱らせることが出来ればほとんどバラさない。そのある程度の距離を保つためにレバーを使って糸を出してやるのが大事。

大野プロなどはこの距離を保つためにドラグをユルユルにして足元では糸を出してやるというやり取り方法をしているがフッキングの時はドラグ強めにして途中から緩めるなど手間がかかる。

レバーブレーキリールの場合はフッキングの時はレーバーを使わずきっちりフッキングして足元だけレバーを使うということもできるので慌ただしいやり取りをせずにすむ。

やり取りが楽しい

レバーブレーキの場合、ドラグを使ったやり取りと違ってレバーブレーキの場合は非常に細かい操作で糸を出せる。指ドラグで非常に繊細な調整が可能なので抵抗している時はドラグをフリーにして徐々に強めてよってきたらレバーを抑えて一気に巻くなどやり取りが楽しい。

これは使ってみないとその楽しさがわからないかもしれないが慣れるとドラグは不要と感じるようになる。

レバーブレーキリールのデメリット

慣れるまでバラしやすい

使い方は体で覚えるしか無いが慣れるまでは普通のスピニングリールよりも扱いが難しく逆にバラしが増える結果にもなる。たくさん釣ってやり取りを何度も経験することで慣れていくしか無いだろう。
慣れるまでは投げる時にレバーが邪魔というのもある。

価格が高い

構造が複雑なためパーツも多くその分価格が普通のスピニングリールよりも高くなってしまう。低価格版のレバーブレーキリールも出てきてはいるが低価格版は大体が非常に重く使いづらい。

シーバス用おすすめレバーブレーキリール紹介

ダイワ・トライソ
ダイワのレバーブレーキリールの中では手の届きやすい価格帯。2016年モデルは300グラムを切る280グラムとなって使いやすくなっている。
シマノ・BBXラリッサ
シマノのレバーブレーキリールで試しやすい価格帯のリール。280グラムと軽量化がはかられており、レバーブレーキ初心者でも使いやすい。
シマノ・11エクスセンスLB
シーバス用レバーブレーキリールの中では一番低価格で買いやすい。重さも275グラムとかなり軽くシーバス専用設計が魅力。
シマノ・15エクセンスLB
シマノのシーバス専用レバーブレーキの最新モデル。他のレバーブレーキリールより一回り小さなボディーでその分軽くなっており、レバーブレーキリールとしては脅威の195グラム。軽いリールを探しているならこれに決まり。
ダイワ・14モアザン
実売税込み8万円を超える最高級モデル。最高級モデルだけあってマグシールドは当然のごとく最新技術が惜しみなく搭載されている。

 -タックル, 使い方

  関連記事

フィッシュグリップ画像

扱いやすいフィッシュグリップについて

すっかり全魚種で定着してきたランディングツール。 昔はブラックバスやシーバスは下あごを親指でがしっと

シーバスタックルの基礎知識

シーバスタックルの基本知識

ルアーで狙うシーバスフィッシングはこの絵のようなタックル。ロッド、リール、ラインなどを選ぶ上で重要な

シーバスラインイメージ

シーバス用ラインの基礎知識とおすすめ

(0.3号のエステルラインで釣ったシーバス。細いラインでもうまくやればシーバスは釣れる。) ラインの

2014ステラの写真

シーバスリールの基礎知識とおすすめリール

シーバスフィッシング用リールの基本性能の違い シーバスフィッシングにおいてリールの使い心地は巻き心地

ロッドイメージ

シーバスロッドの基礎知識とおすすめロッド

→オススメシーバスロッドはこちら シーバスロッドのパーツ基礎知識 1.ガイド ガイドは糸を通すパーツ

特価バイブレーション

シーバスをバイブレーションで攻略するための基本知識

飛距離が抜群で広範囲を手っ取り早く探れるのが魅力のバイブレーションプラグ。 レンジが底の時や早い動き

フラッシュミノー画像

シーバス用ミノーについての基本知識

シーバス用のルアーといえばラパラのカウントダウンを始めとしたミノータイプのルアーが恐らく思い浮かぶ人

メガバス X-80画像

超おすすめ!釣れるシーバスルアーまとめ!

2001年からシーバスフィッシングを始めて累計で1000本以上はシーバスを釣っている私が今までに多く

デーゲームでしとめたシーバス

シーバスのデイゲーム!日中にシーバスを釣る方法

デイゲームとは 日中にシーバスを釣る釣り方のこと。シーバスは夜釣り。誰が決めたのか長い間、夜釣りがシ

R-32画像

食わせの最終兵器!シーバスをワームで釣る

ワーム ソフトルアーとも呼ばれ、硬いプラスチックではなくゴムを使用し、ジグヘッドと呼ばれる重りつきの

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策です。計算結果を半角数字で入れてください。 *

デーゲームでしとめたシーバス
シーバスのデイゲーム!日中にシーバスを釣る方法

デイゲームとは 日中にシーバスを釣る釣り方のこと。シーバスは夜釣り。誰が決めたのか長い間、夜釣りがシ

シーズナルパターンイメージ
シーバスの行動パターンがわかれば釣り方がわかる

シーズナルパターン シーバスやその他の魚は春夏秋冬の季節に応じて生活しておりシーバスを釣るためにはこ

レバーブレーキリール
レバーブレーキリールのメリット/デメリット

数年前からプロシーバスアングラーが使用しているレバーブレーキ付きのスピニングリール。 実際レバーブレ

シーバスイメージ
シーバスが釣れない人の犯しがちな過ちまとめ

シーバスフィッシングは難しいものではなく本当は簡単に釣れるものなのになぜかシーバスフィッシングを始め

シーバスルアーのカラー
どんな色が効くのか?釣れるルアーカラーはこれだ!

ルアーのカラーは無数にあるが実際どのカラーが釣れるのか?ここで少し紹介してみる。 時と場合によって釣

シーバスイメージ
ボイルしている時の狙い方

ボイルと言うのは水面にもわっと波紋が出来たりバシャっとシーバスが飛び出たりする捕食行動のこと。 捕食

ベイトリールイメージ
ベイトタックルで狙うシーバス

ブラックバス釣りでは誰もが使うベイトタックル。 なぜか、シーバス釣りではベイトタックルがあまり使われ