ソルトルアーで人気のシーバスフィッシングの入門サイトです。

シーバスのルアー釣り[feat.釣活]

攻略法

ワインド釣法とは!?どんな魚も逃れられない波動の魔力

更新日:

ワインド釣法イメージ

シーバスやタチウオ釣りでよく耳にする「ワインド釣法」とは何ぞや??という方のためのページです。

スポンサーリンク

フィッシュイーターの本能を刺激する波動を生み出す釣り方

どんなフィッシュイーター(魚食魚)であってもこの波動だけは無視できない。だから、シーバスやタチウオをはじめとしてタチウオ、サワラ、ブリ、シイラなどほぼどんなルアーターゲットでもパターンにはめることが出来る。
低活性の魚のスイッチを無理やり入れて口を使わせる釣り方がこのワインド。

オンシーズンの最強必釣法というのがワインド。

ワインドというのはジグヘッドにワームをつけてエギングのようにしゃくる事で左右にダートさせて釣る釣り方のことだ。
まず、ワームとジグヘッドだが、写真で説明しよう。
マナティー画像
これがワインドに使うワームとジグヘッドの取り付け例である。
見てのとおりアシストフック仕様にしてある。

色々なワームと色々な針を使って、見えシーバスをたくさん釣ってどういうかかり方するかとかどういう食いかたするとか全部研究し尽くしてたどり着いた答え。食ってきても針掛りしないことが多すぎる。だからアシストフック。

一番重要なのが刺し方!まっすぐに刺すこと!これによって釣れるか釣れないかが9割決まる。まっすぐ刺さないときれいなダートは生まれない。

ワインドを成立させるのに必要なタックル

1.固めの竿

硬めでないとちゃんとしたダートが出来ないし、疲れる。

メジャークラフト ソルパラ ワインド SPS-832MW
メジャークラフト ソルパラ ワインド SPS-832MW


やはり専用ロッドが使いやすいです。この値段なら1本持っておいてもいいと思える価格設定。さすがメジャークラフト。

2.滑らかで強固なリール

ちゃっちいリールだと壊れるような釣り方なので。

シマノ(SHIMANO)12 アルテグラ C3000HG
シマノ(SHIMANO)12 アルテグラ C3000HG

軽さとギアの強さを両立したリールでこのコストパフォーマンスは非常におすすめできるリール。ギア比も6.0でこの釣りに向いている。

3.おすすめするラインはPE

ダートさせるためには極力パワーが直接伝わる伸びの無いラインがいい。その点でPEライン以外は選択肢に入ってこないと思う。アタリも明確で面白い。

>>おすすめライン紹介ページ

4.ワインド専用のジグヘッド

オンスタックルデザインZZヘッド
オンスタックルデザインZZヘッド

ワインド専用ジグヘッドが無いとワインドになりません。昔はAXアックスのメインフックを切断して自作していましたが最近は専用のものが何種類か出てます。1/2オンス以上がいいダートします。軽いと少しやりづらいです。

オーナー針 ドリフトアックス JH-62
は針がセットになってるのですぐに使えておすすめ。写真のZZヘッドはマナティーとの相性が最高。

5.ワインド専用のワーム

オンスタックルデザイン チャンピオンズベイト マナティー
オンスタックルデザイン チャンピオンズベイト マナティー

マナティーが一番おすすめ!他にもジャッカルやマリアなどから同じコンセプトのワームが出てますがマナティー最強。


マーズ(MARS)ドリフトシャッドNEO(ネオ)
他にもこういう製品があります。

6.アシストフック必須

アシストフックは絶対必要と思う。見えシーバスを散々釣ってそう思った。ミスバイトが多すぎる。

カツイチ(KATSUICHI) トレーラーフックチェイサー TH-1

つけ方は写真をまねしてください。
がまかつ(Gamakatsu) CGワインドトレーラーダブル21(グロー)
タチウオにはダブルフックの方が掛かりがいいようです。

7.体力

一日ワインドを続けるのは結構疲れる。ひたすらしゃくり続けるのは体力勝負になってくるので頑張って通ってワインドの筋肉を作っていく必要もあると思う。

シーバスプロアングラーオヌマン氏曰く、岸ジギはスポーツだ。ワインドは労働だと。

ワインドで釣れる場所

まず、ターゲットがいっぱい集まってそうな場所。
夏から秋のデイゲームシーバスの場合、溜まり易いのはシェイド(影)。

この釣りで一番重要なのはシェイドを狙うか、ベイトフィッシュを追い回す魚を釣ること。

ベイトフィッシュを追い回す魚を釣るのは意外と難しいときがある。ボイルしているのに食わない場合だ。そんな時にも強制的に反射食いさせる。そんな釣りを出来るのがこのワインドという釣り。

シェイドにたたずむニュートラルな魚にもスイッチを入れることができる釣り方でもある。

シーバスを狙う具体的なスポットは、テトラ帯橋脚護岸かけあがりなど。
ベイトフィッシュが絡むなど魚のストック量があればあるほど釣りやすいのはどの釣りも同じ。

岸壁

水深が無い場合はワインドで横に探るしかない。おすすめはテクトロワインド
テクトロしながらジャークするのは結構技術が必要だが左手でもダートを生み出せるようになるともっと釣れる。水深があるのなら岸ジギで縦に狙うのがいい。

テトラ

テトラは潮通しの良いところにある場合が多いので最高スポット。ストック量も半端じゃないので釣りやすい。根にもぐられるのに注意が必要でリーダーは2メートルくらいとっておくと若干安心。

船の下とかのシェイド

ベイトと潮の動きが絡めば釣りやすい。ただ、距離が取りづらいので追ってきても食わせるのが難しい。そういう時は足元でポンポンとひたすら上下に誘い続けるとおってきた魚が食ってくることがある。

ワインドの動かし方について

最後にワインドの動かし方だがエギングのようなシャクリを連続して最後まで続けるだけだ。フォールはいらない。

基本的に1回に1メートル以上スライドさせるイメージ。ダート幅が重要でターンで寄せてダート中に食わせる。ポーンポーンという感じで連続させて動かしているとガン!と来る。

乗らなかった場合でも追いかけてきてまた食うのであきらめないで。
最後までメリハリの利いたアクションをひたすら続けることが重要。上にも書いたが足元が深くえぐれているようなポイントでは足元でしゃくり続けていると下から食ってくることもある。

ワームが水を切り裂く波動。水を押すアクション。減速しながら沈む動き。

水を切り裂く波動で釣るワインド釣法のまとめ

私は秋、シーバスの群れが岸沿いを回遊しながら鰯を追う場面に遭遇し、スピンテールを見切られ、ミノーを見切られ、最終手段としてワインドを投じたわけだがワインドを使った瞬間、簡単に口を使い、しかも一番でかい奴から釣れるという面白さを味わえた。

70アップのシーバスがワームを丸呑みする瞬間が丸見えの釣り!シャクっている時のガツン!という衝撃も癖になる。

この面白さを是非体験していただきたい。

おすすめ記事

1

シーバス釣りというのは日本全国の沿岸に住んでいるスズキという魚で呼び方は大きさによって違う出世魚であり、セイゴ・フッコ(ハネ)・スズキとなる。 そんなシーバスを釣りたいけど初心者で何もわからないという ...

2

ルアーで狙うシーバスフィッシングはこの絵のようなタックル。ロッド、リール、ラインなどを選ぶ上で重要なのは自分の目的にあったタックルを選ぶこと。 港湾部でシーバスを狙うのと、サーフや大河川の河口などでや ...

3

シーズナルパターン シーバスやその他の魚は春夏秋冬の季節に応じて生活しておりシーバスを釣るためにはこのことを考慮しなくてはならない。 春シーバス 夏シーバス 秋シーバス 冬シーバス 春 Sp ...

-攻略法

Copyright© シーバスのルアー釣り[feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.