ソルトルアーで人気のシーバスフィッシングの入門サイトです。

シーバスのルアー釣り[feat.釣活]

ルアー 使い方

スピンテールについての基本知識

更新日:

スピンテールページメニュー

スピンテールとは

スピンテールは「スピンテールジグ」とも呼ばれ、シーバス釣りのルアーの中で基本的なルアーのひとつである。
金属のボディーとテールに付いたブレードが特徴でフラッシング効果と波動によりシーバスの捕食を促す効果がある。

主に昼間のシーバス釣りで使用される。フラッシング効果が決め手のルアーであるため夜間は効果が落ちる。ライトの当たっている場所などでは夜でも使える。

シーバスのデイゲームではパイロットルアー的な存在でブラックバス釣で言うスピナーベイト的なルアー。
サイズは大体15~20グラムの小サイズか25~30グラム大サイズの2パターンが多い。

シーバス以外にも根魚や真鯛やクロダイなど色々な魚が釣れる。

スピンテールの使い方

スピンテールで釣ったシーバス

スピンテールの使い方は単純極まりなく、底まで沈めて巻いてくるだけである。

スピンテールはパイロット的な(サーチベイト)ルアーであるためあまり小細工は必要ない。その場所に魚がいるかどうかを確かめるためのルアーである。
強いてテクニックと呼べるのはリフトアンドフォールくらい。シーバスは巻き上げに非常によく反応する。

使う場所はどこでもで、オープンなエリアではベイトフィッシュの有無によって釣れるかどうかが決まる。
ストラクチャーを狙うときにも使えるが塗装が非常にはがれやすいのですぐにボロボロになる。ただブレードさえきらめきを保つことが出来ればボディーが鉛であろうが余り関係が無い。

スピンテールのカラー

上でも少し書いたがスピンテールのボディーのカラーはあまり重要ではない。ブレードのカラーが重要である。
ブレードのカラーは金のものと銀のものが多いが、金色は潮が濁り気味のときに活躍し、銀色は潮がクリア気味のときに活躍する。
ブレードの形も何種類かあるのだが、幅の広いブレードは波動が強くアピール力が高い。幅の狭いブレードの場合は巻き抵抗が少なく引き重りがしないので潮の流れが速い時などはアピール力を犠牲にして幅の狭いタイプのブレードを使おう。

スピンテールの注意点

スピンテールで釣ったシーバス2

スピンテールは非常に簡単に魚をかけてくれるルアーであるが注意点がいくつかある。

一つ目はばらし易さである。
最近はブレード側に針のあるものが主流になってきたが針が一箇所しかないタイプの場合は7割以上ばれる。絶対に針が2つのタイプを選ぼう。

あと、ブレードへのバイトが多い。ガツンと来ても乗らないことが多い時、ブレードへのバイトであることがある。
ブレード側にフックの付いたルアーを使うとこのバイトが取れる。

注意点2つ目は根掛りの多さである。
沈むのが非常に速いため底にコンタクトしやすい。沈めて放置しておくと、ラインが流れてしまい、ルアーを巻き始めるとき海底を引きずる形になる。こうなるとすぐに根がかるためルアーが着底したら即座に巻き始めないとダメ。放置、ゼッタイダメ!

おすすめスピンテール

ベイトブレス-湾ベイト
スピンテールの先駆的なルアーでブレード形状が良く、引き重りがせず非常に良く釣れる。ただし、ブレードに針が付いていないため非常にばらしやすい。
湾ベイト製品ホームページへ

メガバス-ドップラー
針を2つ付けることが出来るタイプ。引き重りのしない形状のブレードで安定したリトリーブが可能。優秀なルアーのひとつである。
ドップラー製品ホームページへ

デュエル-ハードコア・スピン
最近主流のブレード根元サブフックタイプ。基本的な優秀なスピンテールであると言える。後このルアーのいい点は樹脂製のボディーがカラーリングされた重り部分を覆っているため、ストラクチャーにコンタクトしても色が落ちない。俺は気にしないが気になる人にはおすすめ。
ハードコア・スピン製品ホームページへ


LUCKY CRAFT USA【ラッキークラフト】ISGポインター78が555円!

-ルアー, 使い方

Copyright© シーバスのルアー釣り[feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.