シーバス用ミノーについての基本知識

シーバス用のルアーといえばラパラのカウントダウンを始めとしたミノータイプのルアーが恐らく思い浮かぶ人が大半なのではないかと思うほどよく使われているルアー。実際にシーバスフィッシングに無くてはならないルアーである。実績も非常に高くこのタイプのルアーだけでもシーバス釣りが成立するのではないかと思うほどよく釣れるルアー。

数百匹はシーバスを釣ってきた私が本格的にシーバス釣りを初めて一番最初に釣ったルアーもメガバスのVISION ONETEN SWというミノーだったのを覚えている。
icon

このページでシーバス用ミノーの基本知識とおすすめミノーを紹介したい。

シーバス用ミノーの基本知識

シーバス用ミノーの種類は主に3種類。

  • シンキングミノー
  • フローティングミノー
  • リップレスミノー

以下で順に説明していく。

シンキングミノーについて

ジャクソン・アスリートミノー画像

シンキングミノーとはその名の通り水に沈むミノーのことである。

非常に扱いやすくてタダ巻きでよく釣れる一般的なミノーである。
例を挙げると、アスリートミノーやビーフリーズなどが有名である。

動かし方もシンプルで、トウィッチ、ジャーク、ストップアンドゴーなど多彩なアクションが可能。カウントダウンさせてレンジを探ることも出来るが基本的に潜航深度はリップと呼ばれる突起のサイズによって決まる。
ビーフリーズのロングビルバージョンやメガバスのマーゲイを使うと足元まできっちり潜らせることが可能。

ロングビルタイプのミノーは沖堤などの急深な釣り場や足元にブレイクがある場合などで必要になってくるアイテムである。

フローティングミノーについて

サラナ画像

フローティングミノーはシンキングの反対で浮くタイプのミノーである。代表的なルアーとしてショアラインシャイナーがあげられる。シンキングミノーよりも上の層を引きたい時に使うルアー。

フローティングミノーはボディーの比重の関係により、シンキングミノーよりもロッドアクションによる動きが大きいのが特徴。

同じルアーでもタダ巻きの場合シンキングとフローティングではフローティングの方が大き目のアクションとなる。どちらのアクションが効くかはその日の状況にもよる。

このタイプのミノーは水深のある港湾などよりも遠浅な砂浜などで非常によく用いられる。

リップレスタイプのミノー

エリア10画像
リップレスタイプのミノーは頭が平らになったミノーのことで、フローティングタイプだと水面直下を狙うときに使われたりする。シンキングタイプもあり、独特なアクションによりバイトを引き出すことの出来るルアーである。

使い方はただ巻きでよく、河川の流れ(カレント)の違う場所に入った瞬間に自動的にバランスを崩す設計になっており、うまくいい場所にルアーを通せさえすれば魚を狂わせることが出来る。

このルアーに向いているロッドアクションはトウィッチング(竿をチョンチョンと動かして誘う方法)。

ミノーのアクション、ウォブリングとローリングについて

ミノーと言っても2タイプのアクションがあり、ウォブリングとローリングに分けられる。ここでは軽く、その特徴を解説する。

ウォブリングはルアーの中心付近を支点としてグネグネとした動きになる。比較的アピールの強い動きで活性の高い魚は釣りやすい。

ローリングというのはウォブリングのように派手に動かないが、ボディーをロールさせて動く動き。

ボディーをひねる動きのため、アピール力は弱く、竿にほとんど振動が伝わってこないので動いているのかわからないくらいなのだが、フラッシングが強く明滅効果が期待できるのがこのローリング。

ニュートラルな魚はウォブリングのようなバタバタした動きはしておらず基本的にほとんど動かないローリングの方が近い。だがシーバスが小魚の群れを追ってボイルしているようなときは必死で逃げるので動きは大きくなりウォブリングの動きで泳ぐ。

どちらの動きがハマるかは状況によって変わるので2タイプのルアーを持っておくと良いだろう。(ウォブリングトローリングの合わさったウォブンロールタイプのルアーもあるので完全には分けることができないが・・・)

おすすめシーバス用ミノー

シーバス釣りにおいてミノーというルアーは原点であり、一番魚に近いルアー。だからこそ一番研究され、色々なアクションの生み出せるルアーがものすごく細分化されているカテゴリーだと思う。以下に少しだけシーバス用ミノーをご紹介する。本当に自分にぴったりなルアーは使いこまないとわからないと思うので実際に色々と使ってみて欲しい。

ビーフリーズ(シンキングミノー)
最高のバランスを持つミノー。もともとブラックバス用だったがシーバスも非常によく釣れるミノーである。使用レンジは水深1メートルから3メートルで中サイズのリップがあるので足元まできっちり探れる。テクトロに特におすすめしたいミノー。

シマノ(SHIMANO) エクスセンス サイレントアサシン 140F AR-C
AR-Cという特殊な内部構造により飛距離が抜群にかせげる遠距離砲。平均飛距離70メートル超えは陸っぱりシーバスフィッシングでとてつもないアドバンテージをもたらしてくれる。安定性の高い泳ぎは実績も高く一つは持っていたいルアー。
タックルハウス(TACKLE HOUSE) Tuned K-TEN リップレスミノー
竿を立てて巻くと全くもぐらないこのミノーは大野ゆうき氏いわくトップウォータールアー。引き波がボラパターンにはまることがよくあり、他のルアーでは攻め切れなかったときに釣れたりする。活性は高いのにどうしても食わせられない時などに活躍。ゆっくり巻くだけでも十分釣れるが、ロッドアクションへの反応も非常によく、トウィッチなどで魚を引き出すことも出来るルアー。

icon
iconicon

 -ルアー, 使い方

  関連記事

特価バイブレーション

シーバスをバイブレーションで攻略するための基本知識

飛距離が抜群で広範囲を手っ取り早く探れるのが魅力のバイブレーションプラグ。 レンジが底の時や早い動き

メガバス X-80画像

超おすすめ!釣れるシーバスルアーまとめ!

2001年からシーバスフィッシングを始めて累計で1000本以上はシーバスを釣っている私が今までに多く

レバーブレーキリール

レバーブレーキリールのメリット/デメリット

数年前からプロシーバスアングラーが使用しているレバーブレーキ付きのスピニングリール。 実際レバーブレ

デーゲームでしとめたシーバス

シーバスのデイゲーム!日中にシーバスを釣る方法

デイゲームとは 日中にシーバスを釣る釣り方のこと。シーバスは夜釣り。誰が決めたのか長い間、夜釣りがシ

シーバスルアーのカラー

どんな色が効くのか?釣れるルアーカラーはこれだ!

ルアーのカラーは無数にあるが実際どのカラーが釣れるのか?ここで少し紹介してみる。 時と場合によって釣

ダイワ精工・ダーティン画像

新世代シーバスルアー

どんどん新しいシーバスルアーが発売されているのでちょっと特長をまとめる。 コアマン(COREMAN)

R-32画像

食わせの最終兵器!シーバスをワームで釣る

ワーム ソフトルアーとも呼ばれ、硬いプラスチックではなくゴムを使用し、ジグヘッドと呼ばれる重りつきの

ライブベイト デュエル

スピンテールについての基本知識

スピンテールページメニュー スピンテールとは 釣り方 おすすめスピンテール スピンテールとは スピン

レンジバイブ画像

シーバス激釣れルアー「ローリングベイト」「レンジバイブ」「ワンダー」はこう使う!

このページではルアーページに書ききれないほど好きで使い込んでいて、もし、このルアーを知らない人がいる

  コンタクト

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策です。計算結果を半角数字で入れてください。 *

デーゲームでしとめたシーバス
シーバスのデイゲーム!日中にシーバスを釣る方法

デイゲームとは 日中にシーバスを釣る釣り方のこと。シーバスは夜釣り。誰が決めたのか長い間、夜釣りがシ

シーズナルパターンイメージ
シーバスの行動パターンがわかれば釣り方がわかる

シーズナルパターン シーバスやその他の魚は春夏秋冬の季節に応じて生活しておりシーバスを釣るためにはこ

レバーブレーキリール
レバーブレーキリールのメリット/デメリット

数年前からプロシーバスアングラーが使用しているレバーブレーキ付きのスピニングリール。 実際レバーブレ

シーバスイメージ
シーバスが釣れない人の犯しがちな過ちまとめ

シーバスフィッシングは難しいものではなく本当は簡単に釣れるものなのになぜかシーバスフィッシングを始め

シーバスルアーのカラー
どんな色が効くのか?釣れるルアーカラーはこれだ!

ルアーのカラーは無数にあるが実際どのカラーが釣れるのか?ここで少し紹介してみる。 時と場合によって釣

シーバスイメージ
ボイルしている時の狙い方

ボイルと言うのは水面にもわっと波紋が出来たりバシャっとシーバスが飛び出たりする捕食行動のこと。 捕食

ベイトリールイメージ
ベイトタックルで狙うシーバス

ブラックバス釣りでは誰もが使うベイトタックル。 なぜか、シーバス釣りではベイトタックルがあまり使われ