ソルトルアーで人気のシーバスフィッシングの入門サイトです。

シーバスのルアー釣り[feat.釣活]

アドバイス 攻略法

潮についての基本知識

更新日:

注:潮の動きは潮見表(外部サイト)でご確認下さい。

潮汐とは
月の引力により潮が満ちたり引いたりする自然現象。場所によりその潮位差は異なり、潮の流れ方も全然違う。海の魚は潮が動かないとエサを食べないため重要なファクターである。

上げ潮・下げ潮

上げ潮というのは干潮から満潮へ向かう潮のことでこの潮に乗って魚は接岸してくる。その為上げ潮が始まると回遊魚が周ってくるという目安になる。

下げ潮は逆に満潮から干潮へ向かう潮で、河口で釣りをしていると川の流れと潮の流れが合わさり、より潮が効く
元々流れが強い川では大潮の下げになると釣りにならないほど流れが速くなる場合もある。

下げ潮のメリットは水位が減ってフィッシュイーターがベイトを追い詰めやすくなるため、捕食のスイッチが入りやすいことである。

大潮・中潮・若潮・長潮・小潮

潮の種類だが干満差が大きいものから大潮・中潮・若潮・長潮・小潮となっている。
どの潮が一番釣れるのか?それは大潮である。

流れが速ければ速いほど活性が上がりやすいから大潮が一番釣れる。

ただし、これは理論上の話である。確かに魚の活性は上がりやすいのだが時合と呼ばれる活性のピークが短いのが大潮の特徴で一瞬で時合が終わる事もある

その為どちらかというと大潮後の中潮あたりがちょうど釣りやすいような気がする釣り人は多いと思う。人によっては長潮や小潮が一番釣れるという人もいるくらいである。
極論ではあるが・・・。

隅田川などの流れの速い河川などではちょうどいい流れが長い間続く若潮・長潮は本当に時合が長いと感じる。

港湾部などあまり潮の動かない場所では若潮・長潮には釣りにいきたくない。だが、小潮は不思議とよく釣れることがある。

産卵と潮

海の生物は潮が大きく動く大潮に一斉に産卵する習性がある。その為、バチ抜けと呼ばれるイソメ類の産卵時期(1~5月位)は大潮周りで様々な魚が非常に良く釣れる。
この時期だけは大潮まわりは絶対に外せない。

豆知識:潮の干満は月の引力ともう一つ太陽の引力が重要であり、太陽の引力と月の引力が重なりあう季節、春と秋には非常に大きく潮が動く。
動く時間帯は春と秋で全く異なり、春は昼間非常に大きく潮が動く。その為、潮干狩りは春の行事なのだ。秋は夜潮が大きく動くので夜釣りにベストシーズンと言える。

潮についての基礎知識まとめ

潮は海や潮の影響を受ける河川などで釣りをする上で非常に重要な要素で常に頭に入れておいた方が効率よく釣りをすることができる。

例えば干潮時には水位が全く無くなって全然釣れない場所もあるし上げ潮では潮がぶつかり合って流れが無くなり釣れない場所もある。潮見表を見てタイミングよく釣りに出かけるのは海釣りをする者にとってとても大事なことなのである。

ちなみに潮見表は釣具店でもらえたりするが最近はスマホの無料アプリでチェックする方がわかりやすくておすすめ。


LUCKY CRAFT USA【ラッキークラフト】ISGポインター78が555円!

-アドバイス, 攻略法

Copyright© シーバスのルアー釣り[feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.